腰痛・肩コリなら痛みの分かる施術家がいる小平市花小金井の整体ヨガ研究院へ!【冷え性・偏頭痛・喘息・不眠にも効果あり】火の呼吸ヨガレッスンも受けられます!

topページへ
慢性化した腰痛・肩コリ・頭痛には骨格の歪みだけでなく硬膜の歪みも整える頭蓋療法がオススメ!










プロフィール

 
腰痛対策

腰痛は腰だけ揉んでも根本解決にはなりません!

不定愁訴として多くの現代人が悩む2大症状の肩コリ・腰痛。腰痛はお尻も原因

整体を始め、カイロ、鍼灸、指圧からボディーワークまで様々なアプローチ法があります。

どういった事から腰痛になっていくのでしょうか?

【要因1】デスクワーク
デスクワークの場合はずっと座っています。立っている時と座っている時では腰にかかる負担が変わりますが、一般的には座っている時の方が負担は軽いです。それなのに何故腰痛になってくるのでしょうか?

一つには筋肉疲労です。同じ姿勢を長時間キープしますのでそれによって血行不良になりがちです。良い姿勢でいればそんなに簡単には痛くはならないと思いますが、腰痛になる元としては姿勢のクセがあります。

足を組む、一方の肩が前に出る、猫背になるなどです。こういった姿勢で身体、特に骨盤が歪んだ状態が作られてしまいそれを数時間キープするのですから腰痛につながってきますね。

【要因2】立ち仕事
立ち仕事の場合、デスクワークのように同じ姿勢をキープする場合と作業をしながら身体を常に動かしている場合と様々です。

スーパーのレジ打ちのような仕事は同じ姿勢をキープする感じになります。そうするとデスクワークのように姿勢にクセが生じます。片足に重視がかかる、腰を反った姿勢になるなどですが、こういった場合は足の歪みから腰痛になっていくケースが多くあります。

また、作業をする場合は重い荷物をもったりと直接腰に負担がかかる動作が中心になりますので必然的に腰痛につながります。

乳児を育てているお母さんで抱っこが多いケースは腰痛になりやすいです。前に子供を抱えると腰が反りますので負担が大きくなります(妊娠中もそうですね)。子供の体重が10キロだとしてお米10キロを抱えて道を歩くのって大変ですよね。それだけの負担が身体にかかっているということを見逃しがちです。

【要因3】腎臓の問題
内臓が原因となることもあります。腰痛の場合は腎臓です。腎臓と腰は位置が近いですので、腎臓に問題があった場合に痛みの信号が腰と同じルートで脳に送られるために腰痛であると脳が勘違いをしてしまうというケースです。

筋肉や歪みを調整しても腰痛が解消されない場合は腎臓機能もチェックしてみることも大切です。

【当院の対処法】
筋肉疲労や歪みから腰痛になった場合、一般的な施術方法としては腰を直接揉んだりすることが多くあります。でもすぐに元に戻ってしまうと言う話をよく聞きます。それは原因が腰だけではないからです。

当院では腰痛へのアプローチ法として身体全体のバランス調整と共に「臀部」のコリも重視します。

立ち仕事にしてもデスクワークにしても腰痛を訴える方の多くは臀部が凝っていることがよくあります。
臀部には大臀筋・中臀筋などの筋肉、また深部には梨状筋という坐骨神経と関係する筋肉があり、それらのコリが解消されると腰痛も楽になってくるというのが整体でのアプローチ法の一つです。

実際に腰だけを施術した場合と、臀部から足にかけて広く施術した場合ではほぐれ方も変わってきます。

患者さんも腰の張りは感じていても臀部には意識がいかないようで、臀部を押されて初めて硬くなっていることに気がつく方も多く見受けられます。

整体では身体全体のバランスも重視しますので、腰痛と言っても腰だけをターゲットにするのではなく足の歪み、骨盤の歪みから背骨・首までをトータルに調整していきます。

下半身のバランスが調整されれば「むくみ」も解消され、結果的に美脚にもつながります。美脚を目指すなら表面的な形を整えるのではく歪みを正してバランスを取っていく必要があります。

当然骨盤のバランスも調整されますから、くびれやヒップアップなど美容効果も高まります。当院はあくまで不快症状を「改善」させるための施術ですが、身体の歪みが調整されれば副産物的に美容効果にもつながるんです。

整体=痛い、という先入観が一般的にあるようですが、痛みを伴わない施術がほとんどです。
メディアやネットの情報過多によって特定のイメージが植えつけられがちですが、実際に体験して判断してみてください

あたなの腰痛が取れないのはもしかしたら腰だけ施術していたのが理由の一つかもしれません。修気整体では良い状態が長期間キープ出来るように全身の調整をメインで施術いたします。

この動画は家庭で実践できるものを紹介しましたが、実際の施術ではまたアプローチ法も変わってきます。あくまで参考程度にご覧ください。

 
 
 


 



info@shuki-do.com

  
Copyright © 2001 Shuki Seitai All Rights Reserved.