腰痛・肩コリなら痛みの分かる施術家がいる小平市花小金井の整体ヨガ研究院へ!【冷え性・偏頭痛・喘息・不眠にも効果あり】火の呼吸ヨガレッスンも受けられます!

topページへ
慢性化した腰痛・肩コリ・頭痛には骨格の歪みだけでなく硬膜の歪みも整える頭蓋療法がオススメ!










プロフィール

 
肩コリ対策

肩コリは肩甲骨と全身の歪みを調整すると楽になります!

腰痛と共に不定愁訴に挙げられる肩コリ。
肩コリの原因
これも様々なアプローチ法があります。最近では「筋膜リリース」などによって軽いタッチで施術をするやり方も増えてきています。

肩コリにつながるものとしてはどういうものがあるでしょうか?

【要因1】デスクワーク
デスクワークの場合は同じ姿勢を長時間キープすることになります。この時の姿勢が問題です。画面を注視しようとして顔が前に出ていませんか?

こういった姿勢を横からイメージしてみてください。顔が身体よりも前に出ている状態ですね。そうすると首の付け根にかなりの負担をかけることになります。猫背も同じです。

また、最近ではスマホ操作から肩コリになるケースも増えています。スマホは両手で操作することが多く、電車で見かける人の多くは猫背になっています。こいった姿勢が慢性化すると肩コリにつながります。

【要因2】ストレス・緊張型の性格
性格と肩コリって関係ないと思っていませんか?
緊張する性格は肩が常に力んでいます。リラックスをする時に「肩の力を抜いて」とよくいいますが、気持ちの力みは肩も硬直させていきます。血圧が高いようなタイプも共通することですので、ご自身が緊張しやすいと自覚している方は肩コリも持っていると思います。

【要因3】子育て
乳児を育てているお母さんに言えることですが、子供はだいたい抱っこかおんぶかのどちらかですね。抱っこの場合は腰に負担がきますが、おんぶの場合は肩コリにもつながります。お子さんの体重が10キロとして、例えば10キロの重りの入ったリュックを背負っていたら肩コリになるのと同じような現象です。

【当院の対処法】
一般的に肩コリでアプローチをする部位は僧帽筋という肩から背中にかけて広く覆っている筋肉です。

確かにここを緩めることで肩が楽になることはありますが、慢性化している場合には僧帽筋だけでは不十分です。

他の筋肉やインナーマッスルへのアプローチも大切ですが、肩甲骨の可動域を広げることも重視します。
コリが強くなってくると動きも悪くなってきますが、動かすと痛いので益々動かさなくなってしまい、本来の可動域から比べるとかなり小さいものになってしまいがちです。

整体では筋肉を緩めるだけでなく肩甲骨の可動域も広げて動きの制限も解除するようにしていくのが特徴です。

肩コリは慢性化してくると神経も圧迫して、触ると硬いのに本人は硬いという自覚が全くないということもよくあります。また、慢性症状の中には頭痛や吐き気を伴う場合もあります。

また、肩コリは足の歪みも関わってきます。足のバランスが悪くなればその上に乗っている上半身のバランスも悪くなります。トップページでご説明をした「ダルマ落とし」の原理ですね。ですので肩だけを揉んでも他の部分が改善されなければ根本的な解決にはならないわけです。美容的にも姿勢が正されればバストアップにもなりますし全身のプロポーションもよくなっていきます。

この動画は家庭で実践できるものを紹介しましたが、実際の施術ではまたアプローチ法も変わってきます。あくまで参考程度にご覧ください。


 



info@shuki-do.com

  
Copyright © 2001 Shuki Seitai All Rights Reserved.