腰痛・肩コリなら痛みの分かる施術家がいる小平市花小金井の整体ヨガ研究院へ!【冷え性・偏頭痛・喘息・不眠にも効果あり】火の呼吸ヨガレッスンも受けられます!

topページへ
慢性化した腰痛・肩コリ・頭痛には骨格の歪みだけでなく硬膜の歪みも整える頭蓋療法がオススメ!








プロフィール

 
坐骨神経痛対策

坐骨神経は梨状筋(臀部)と股関節の調整が効果的!

しびれを伴う坐骨神経痛は歩く動作・座る動作すべての動作に痛みを伴います。

最初は臀部のしびれ程度ですが、慢性化すると足の指までしびれば広がってしまいます。

症状がひどくなってくると100メートルも歩けなくなったり、車の座席に座ると痛みが増したりと生活の中でも支障が出てきます。

「梨状筋」という臀部にある筋肉が神経を圧迫させてしびれを起こしている事がよく見受けられます。 まずは整形外科等でレントゲンを取り、ヘルニアを起こしていないか、腰椎に問題がないか等を調べてください。

【当院の対処法】

◆臀部の筋肉を弛める◆
腰の筋肉を弛めるだけでは不十分です。臀部の深部も弛めていかなければなりません。臀部は表面にある「大臀筋」の内側に「中臀筋」や「梨状筋」などもあり、梨状筋は坐骨の上に位置しています。従って、ここに過度な緊張が見られるとしびれにつながることもあります。

◆股関節の矯正◆
筋肉を弛めるだけでなく、骨格の矯正も施術します。特に股関節を弛めて矯正することで早くしびれが取れることもあります。一部だけでなく複合的に施術する必要があります。

しびれが足まで達してしまっている場合には施術も長期間を要します。

気長に施術を繰り返しながら日々のケアも心がけていただくことになります。

症状が軽い方でしたら3回位の施術で痛みが半減することもあります。始めは間隔を空けずに少し詰めて施術することをオススメします。

 



info@shuki-do.com

  
Copyright © 2001 Shuki Seitai All Rights Reserved.