整体ヨガ研究院

042-467-6379留守電の場合はメッセージをお入れ下さい!

頭痛でお悩みのあなたへ

頭痛のタイプについて

頭痛にはクレニオセラクルセラピーがオススメ頭痛に悩む人も肩こり・腰痛同様に多く、薬を飲んで凌いでいる方も多いと思います。慢性的な場合、まずは頭痛外来や脳神経外科などで診察を受けることをオススメします。

もし脳に異常が見られる場合にはそちらの治療を優先させて下さい。診察の結果、特に異常は見られない場合や以下のようなタイプには施術が有効だと考えています。

原因1 首や肩のこり(緊張型頭痛)
肩こりや首こりなど筋肉の緊張によって起こるとされるタイプの頭痛です。デスクワークの方に多く見られます。血行がよくなると症状が治まるのが特徴です。

原因2 血管の過剰広がり(片頭痛)
緊張型頭痛とは異なり血管が広がる事で神経を刺激して起こる頭痛とされています。平日よりも休日であったり、お風呂に入って血行がよくなると起こるケースです。

原因3 外的な衝撃
過去に転倒して頭を打った事があるとかムチ打ちになったことがある。などの外的な衝撃が原因となって起こるケースです。

原因4 心的な要因
ストレスを過剰に受けている事により自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位になりすぎているため脳の血流も悪くなって起こるケースです。

いずれのタイプも身体のバランスを整えることは大切です。

対処法① 筋骨格系の施術

首の歪みと頭痛緊張型頭痛は首の歪みがみられることが多く、筋肉も硬くなってきます。特に長時間のデスクワークやスマホ操作では顔が画面に近づくので首の傾斜が崩れてストレートネックになりがちです。

首の筋肉が常に緊張状態にありますので血管も圧迫され、脳への血流にも影響を及ぼすと考えられます。片頭痛や混合型でも首の歪みは見られますので筋肉や骨格のバランスを整えることは大切です。

対処法② 硬膜の緊張を緩める

硬膜の緊張を緩めるクレニオセラクルセラピークレニオセラクルセラピー(頭蓋仙骨療法)で硬膜の緊張・歪みも調整します。硬膜の内側には脳脊髄液が流れていて、栄養を運び老廃物を排出させるという重要な働きがあります。

硬膜は脳を覆っている膜の一つですが、脊柱管の中をホース状に仙骨まで通っています。硬膜の内側には神経の新陳代謝をする「脳脊髄液」が流れていますが、脳脊髄液は脳で1日約500ml生産されると言われ「硬膜袖」を通じて全身の器官に影響を及ぼします。

例えば「頭を打った事がある」とか「ムチ打ちになった」など外的な衝撃があった場合、硬膜に緊張が生じます。そうすると脳脊髄液の生産に狂いが生じますので自然治癒力が低下すると考えられています。

この機能を正常な状態に戻すのがクレニオセラクルセラピーです。筋肉を緩めたり骨格を矯正するのとは全く異なる施術なのが大きな特徴です。ほんの僅かに皮膚に触れている程度の力加減ですので押されて痛いなどはありません。

硬膜の歪みは目に見えなく自覚症状にも現れません。しかも数年後に症状が出ることがありますから3年前に打った衝撃が今痛みとして出てくるというケースもあるわけです。また、外傷はなくてもストレスなど「心的要因」によってバランスを崩すこともあります。ストレスを受けると交感神経が優位になり血流も悪くなります。

日常的にストレスを受けた生活をしていることで脳が緊張状態あり頭痛を起こすこともありますので、慢性症状の場合は筋骨格系に加えて硬膜の緊張も解放してあげることで改善につなげていくのが「クレニオ整体」コースです。

施術日カレンダー

※祝日も可能です!

LINE@でお得情報get!

整体院とお友達になろう!
予約もLINEでOK!!
LINE@

予約&問い合わせ

院長ブログ