整体ヨガ研究院

042-467-6379留守電の場合はメッセージをお入れ下さい!

坐骨神経痛でお悩みのあなたへ

しつこい痺れはお尻が硬い!?

坐骨神経痛で辛いのは臀部から足にかけての痺れです。酷い場合には10メートルも歩くと痺れる。車に乗るとすぐに痺れてくる。などの症状があります。よく見られるケースとしては以下の2つがあります。

原因1 梨状筋が硬くなる
坐骨神経痛はお尻が硬くなるお尻の筋肉はミルフィーユ状に何層にも重なっています。奥に位置しているのが「梨状筋」で、その下に坐骨神経が通っています。梨状筋が硬くなることで坐骨神経が圧迫されて痺れが出るタイプです。デスクワークや長距離運転などずっと座ったままの姿勢が続くと梨状筋が硬くなってきます。

肩や腰に比べてお尻の硬さは自覚しにくい部位ですので気が付かないポイントです。坐骨神経痛とは分けて「梨状筋症候群」と言われることも多くなってきました。診断については整形外科で判断してもらいましょう。

原因2 椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアは椎骨の間が狭くなり軟骨が飛び出て神経を圧迫している症状です。これも長時間同じ姿勢を続けることで発症するケースが多くあります。まずは整形外科などの専門機関で診察・治療を受けてみてください。その他「脊柱管狭窄症」「変形性腰椎証」なども原因になりえます。

対処法① 臀部・股関節の施術

梨状筋が硬くなっていることで痺れが出ている場合は臀部や股関節周辺の筋肉を緩めていきます。それに加えて「股関節への矯正」も行います。腰の矯正は痛みが出ている間は控えた方がいい場合がありますが、股関節の矯正は痺れを治めるのに役立つケースがあります。

対処法② 硬膜の緊張を緩める

硬膜の緊張を緩めるクレニオセラクルセラピー慢性症状の場合には筋肉・骨格の歪みだけでなく硬膜の緊張・歪みも調整します。硬膜の内側には脳脊髄液が流れていて、栄養を運び老廃物を排出させるという重要な働きがあります。

硬膜は脳を覆っている膜の一つですが、脊柱管の中をホース状に仙骨まで通っています。硬膜の内側には神経の新陳代謝をする「脳脊髄液」が流れていますが、脳脊髄液は脳で1日約500ml生産されると言われ「硬膜袖」を通じて全身の器官に影響を及ぼします。

例えば「尻餅をついた」とか外的な衝撃があった場合、硬膜に緊張や歪みが生じます。そうすると脳脊髄液の生産に狂いが生じますので自然治癒力が低下すると考えられています。この機能を正常な状態に戻すのがクレニオセラクルセラピーです。筋肉を緩めたり骨格を矯正するのとは全く異なる施術なのが大きな特徴です。ほんの僅かに皮膚に触れている程度の力加減ですので押されて痛いなどはありません。

硬膜の歪みは目に見えなく自覚症状にも現れません。しかも数年後に症状が出ることがありますから3年前に打った衝撃が今痛みとして出てくるというケースもあるわけです。坐骨神経痛の場合は筋骨格系に加えて硬膜の緊張も解放して改善につなげていくのが「クレニオ整体」コースです。

施術日カレンダー

※祝日も可能です!

LINE@でお得情報get!

整体院とお友達になろう!
予約もLINEでOK!!
LINE@

予約&問い合わせ

院長ブログ