整体ヨガ研究院

042-467-6379留守電の場合はメッセージをお入れ下さい!

自律神経の乱れでお困りのあなたへ

交感神経と副交感神経のバランスが大切です!

「自律神経」はよく聞く言葉ですが、どのような働きがあるかについては意外と分からない方が多いかと思います。自律神経は交感神経と副交感神経がバランスよく働くことによって体調が保たれますが、ストレスが溜まる、生活のリズムが乱れる、気温の差(寒暖の差)が激しい、などから自律神経は乱れます。それによって頭痛やめまい、または原因が分からないような「不定愁訴」が起こってきます。自分でも気が付かないうちに乱れてきて、検査をしても分からない事が多いですので早めに身体のケアをすることが大切です。

交感神経の働き
交感神経は身体を覚醒させる方の役割があります。1日のリズムで言えば、朝起きる時に交感神経が優位になってきます。身体の働きでいうと、
・血管を収縮させる
・心拍数を促進させる
・消化器官を抑制させる
・血糖値を上昇させる
などです。

副交感神経の働き
副交感神経は身体をリラックスさせます。1日のリズムで言えば、夜になると副交感神経が優位になるので身体がリラックスして睡眠につながっていきます。身体の働きでいうと、
・血管を拡張させる
・心拍数を抑制させる
・消化器官を促進させる
・血糖値を低下させる
などです。

こんな症状は自律神経の乱れが原因かもしれません

医療機関で検査をしても原因が特定できないような身体の不調、頭痛、めまい、だるさ、気力・やる気が出ない、などが該当します。薬で症状を抑えることもある部分では必要ですが、飲み続けることに抵抗感がある方も多くいらっしゃいます。そういう方にとっては施術やセルフケアも併用していただけると身体に負担なく症状を改善させることに役立ちます。

現代人は交感神経が過剰に優位になりバランスを乱しています!

自律神経は交感神経・副交感神経のどちらを乱してもいけませんが、現代人は交感神経が過剰に優位になることでバランスを乱して体調不良になることが多いと考えられます。交感神経が優位になる大きな要因としては「ストレス」です! ストレスによって交感神経が過剰に働きますので、呼吸が浅くなる、身体がリラックスできなくなる、心拍数が上がる、白血球の「顆粒球」が増殖して正常な細胞を破壊する、などが起こりえます。
職場や学校での環境が変わる事や人間関係でストレスが溜まりやすいですが、寒暖の差が激しい時期ではバランスが乱れがちです。

対処法① 脊柱起立筋の調整

整体のアプローチでは脊柱起立筋を調整します。脊柱起立筋とは背骨の両側にある太い筋肉です。自律神経が乱れるとこの筋肉が硬くなる傾向があります。まずは施術によって筋肉を緩めていき最後に矯正法で可動域を広げます。背骨が緩むことによって身体がリラックスしてきますのでストレス過多でバランスが乱れる症状には効果的です。

対処法② 硬膜の緊張を緩める

硬膜の緊張を緩めるクレニオセラクルセラピー慢性症状の場合には筋肉・骨格の歪みだけでなく硬膜の緊張・歪みも調整します。硬膜の内側には脳脊髄液が流れていて、栄養を運び老廃物を排出させるという重要な働きがあります。

硬膜は脳を覆っている膜の一つですが、脊柱管の中をホース状に仙骨まで通っています。硬膜の内側には神経の新陳代謝をする「脳脊髄液」が流れていますが、脳脊髄液は脳で1日約500ml生産されると言われ「硬膜袖」を通じて全身の器官に影響を及ぼします。

例えば普段からストレスにさらされているなどの場合、硬膜に緊張や歪みが生じます。そうすると脳脊髄液の生産に狂いが生じますので自然治癒力が低下すると考えられています。この機能を正常な状態に戻すのがクレニオセラクルセラピーです。筋肉を緩めたり骨格を矯正するのとは全く異なる施術なのが大きな特徴です。ほんの僅かに皮膚に触れている程度の力加減ですので押されて痛いなどはありません。

硬膜の歪みは目に見えなく自覚症状にも現れません。しかも過去に受けた精神的な苦痛や衝撃が今辛さとなって出てくるというケースもあるわけです。慢性症状の場合は筋骨格系に加えて硬膜の緊張も解放して改善につなげていくのが「クレニオ整体」コースです。

対処法③ 呼吸法や気功でのセルフケア

ストレスが過剰に働き交感神経が過剰になっている方には呼吸法の指導もしています。交感神経が過多になると呼吸が浅くなりますので身体がリラックスしにくくなります。それによって不眠にもつながりますので、意識して呼吸を練習することで緊張状態から解放する練習をします。
また、気功的なアプローチも指導しています。呼吸法にイメージ操作を加えることで身体の機能も高めていく気功は養生としても効果的です。伝統的な中国式養生法も必要に応じてレクチャーします。

施術日カレンダー

※祝日も可能です!

予約&問い合わせ

院長ブログ